OCEANIA FILM STUDIES



カテゴリ:[ 子供/学校/教育 ]


251件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[260] (無題)

投稿者: 15K101 投稿日:2019年 1月15日(火)14時28分4秒 KD106133169022.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

この映画にはセリフがなく、より緊迫している雰囲気を感じることができた、スラムダンクの最終話の近くで漫画なのにセリフをわざと無くし、よりシーンを際立せていることを思い出した




[259] 無口

投稿者: 16K032 投稿日:2019年 1月15日(火)13時34分33秒 KD106133168004.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

この映画はほとんど会話がなかった。言葉ではなく自分の気持ちを行動で示していた。男性は働いていなかったことに驚いた。価値観の違いもあるだろうがそれでいいのかとも疑問に思った。アボリジニの女性でアボリジニの辛さを表現しているのかなとも思った



[258] (無題)

投稿者: 16K032 投稿日:2019年 1月15日(火)13時33分49秒 KD106133168004.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

この映画はほとんど会話がなかった。言葉ではなく自分の気持ちを行動で示していた。男性は働いていなかったことに驚いた。価値観の違いもあるだろうがそれでいいのかとも疑問に思った。アボリジニの女性でアボリジニの辛さを表現しているのかなとも思った



[257] 変わる気持ち

投稿者: 16K033 投稿日:2019年 1月15日(火)13時23分38秒 pw126035014044.25.panda-world.ne.jp  通報   返信・引用

女の人が最初は男の人をすごく嫌っていたけど、おばあさんが亡くなって、男の人が女の人を影で支えるように側についていたから、女の人はだんだん一緒に生活していくうちに男の人のこと信頼できるようになっていたことに感動した。私もこの男の人のように誰かのために行動していきたいと思った。



[256] オーストラリアの白人

投稿者: 15K101 投稿日:2019年 1月15日(火)13時17分19秒 pw126035007160.25.panda-world.ne.jp  通報   返信・引用

先住民の人は家がなくなったらずっと家がなくホームレスの生活になってしまうが一方白人は社会保障の対象者となってるためいずれ家が見つかり対処されることを初めて知りました。
白人は政府側から優遇されているが先住民の人はそういう面でも優遇されないため可愛そう。またオーストラリアの白人はコミュニケーションを取るのが得意で先住民の人にも自ら声をかけたり食料をあげてるシーンがあったため驚いた。




[255] 会話

投稿者: 16K028 投稿日:2019年 1月14日(月)23時47分22秒 118-106-149-98.aichiwest1.commufa.jp  通報   返信・引用

会話がほとんどない中、幼っぽくなにを伝えたいのかよくわからないこともあったが、会話はなくても気持ちは伝わっているということがわかった。アボリジニの辛さも描きながら、不器用な純愛を描いていると感じた。



[254] 言葉ではなく行動で。

投稿者: 16K001 投稿日:2019年 1月14日(月)23時28分27秒 softbank126209040116.bbtec.net  通報   返信・引用

終始2人の行動に疑問が残る映画だった。
この映画はほとんどセリフがないが、女の子に対して背中に小石を投げたりしているシーンから、言葉ではなく行動でどういう気持ちを持っているのかがわかるようになっているのかなと思った。



[253] 文化の違い

投稿者: 16K067 投稿日:2019年 1月14日(月)23時08分55秒 softbank126194189055.bbtec.net  通報   返信・引用

今まで見てきた映画と違い、台詞がほとんどなく、よりリアルな感じがした。
アボリジニは結局街に出ても働ける場所があるわけでもなく差別されてしまい、かわいそうだと感じた。



[252] 人種の壁

投稿者: 12K015 投稿日:2019年 1月14日(月)22時19分21秒 KD106154055151.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

アボリジニと白人との間の壁の大きさを感じた。サムソンとデリラの二人が都市部に行った時、二人以外は白人しかいなかった。白人のホームレスには救いを施す者がいて、生活から抜け出せたのに対し、デリラが絵を描いて売ろうとしても何も得られなかった。最後に二人を助けたのも白人ではなく、二人と同じアボリジニだった。そして彼らの向かった先が都市部のどこかではなく、田舎だったことから、白人とアボリジニが同じように生活するという考えは無いように思えた。



[251] 全く違う世界観

投稿者: 14K122 投稿日:2019年 1月14日(月)16時40分45秒 KD106129093020.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

二人の特徴は全く二人とも会話をしないと言うのが特徴でした。二人が喋らないからこそ外部の地域やオーストラリアの白人達との違いがはっきり見えたと思います。


レンタル掲示板
251件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.