投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


多摩川 7/13~18

 投稿者:平田  投稿日:2018年 7月21日(土)20時07分8秒
返信・引用
  モーター今節で最後でした。

39%あったんですけど前節に転覆でギアケース&ペラが交換になっていて勝率ほどのアシはありませんでした。

ペラは12と言う人がいたり9と言う人がいたりガッツリ止めていると言う人がいたり色々。
私は15番からの真ん中とケツの立ちを微調整する感じでMAX6900前後が一番いいかなと思いました。
MAXも6700代の人もいたり7000近く回してると言う人がいたり本当に色々。

シャフトの高さを上げて50以上にしたら良くなったって言う話をチラホラ聞きました。
私のモーターーも前節シャフトを47から51にして良くなったらしいです。by.整備士さん
なので、わざわざ下げることもせずにもらったまま。
チルト-0.5(0を試したら行き足が無くてスタート全然届かず・・・)
ギア20~22

調整は走るペラのチョーク=2の小ペラのカバー無チョークから2個空け=小ペラのカバー
の所で行ってました。プラグの焼け的にはもう1個位絞れるかなという感じなんですけど、絞るとターンで明らかに息つく感じだったので焼けは無視。

来節から新モーターなので、参考までに。
 

下関 7/10~

 投稿者:山田  投稿日:2018年 7月15日(日)14時23分27秒
返信・引用
  モーター№29 17%
電気5.2
ギア17~20

もらった時はタイプ9をひねり立たせたような形で
MAX6950で回った後一瞬はマシだけど、サイドかからず自分には乗りずらかったので

最終的にはタイプ10の肩少し広く立ちはタイプ8まで下げてMAX6850位
(タイプ8の肩捻った感じとも言える)
かかりとターン後の押しはマシになったかも?

ペラであまり反応ないのでスリーブ、ピストン、エキゾースト交換で
少しマシになったようなならないような、、

スタートも向かい風でかなり突っ込んだ見え方じゃないと届かないので
全然ダメでした。
最近、悪いの引くと全然しのげないので抽選を
もっと真剣にやってみます(笑)
 

丸亀7/6~

 投稿者:三浦敬太  投稿日:2018年 7月14日(土)08時23分55秒
返信・引用
  エンジン13番 28%
電気5.0
ギヤ18~20
前検で、これはかなりやばいと思うほど下がり、ステバー(曲がってた)、ブラケット、キャリボデ、スリーブセット、電気と交換しましたがほぼ反応なし。

ペラも乗り心地が変わるくらいで立ち上がりからのアシは変わらず。
調整622こ小ペラカバー
=本番ペラカバー-2
だったんですが2周目くらいからきつく+1で乗って、最終レースだけ1つ絞ってったら空飛びました。笑

初日に帰ろうと思ったんですが豪雨で出るに出られず…まあ怪我しなかっただけラッキーですかね…
 

6/29~戸田

 投稿者:門間  投稿日:2018年 7月10日(火)14時39分22秒
返信・引用 編集済
  M46 新エンジンボート
ギヤ19~22
シャフト49
フロート29
電気5.2→5.0
ペラは肩口と根っこのラインのひねりは10、ダイヤ下ダイヤのひねりを9。腹から高さが出てて真ん中のたちは10番で腹で当たって上と下が紙2枚くらいすくかんじ。外たちは10で見て2mmくらい担ぐ感じ。ケツタチは10で見るとp50の腹で当たって先が1mmくらい空いてる感じ。ピッチは9番で30,40が紙一枚空いてる感じで5060がほぼぴったし、70がちょい担ぐ感じ。max6950くらいがいいと思いました。
グリップが良くないなと思っていたのでダイヤをもってきたらグリップとちょっと伸びが良くなったんですけど、行き足が悪くなっていきました。
下も弱くしてダイヤも効かせない方が旋回からのつながりが良くていい足してると思ったんですけど、すっ飛んでったりして乗れなかったのでグリップ重視にしてみました。
調整はレースチョークが4で2日目まで1個縛りでいってたんですけどプラグがびちゃびちゃだったのでもう2個絞ってレースチョーク-3の1ノッチで行きました。それでもプラグの焼けは良くなかったです。
絞った方がレースチョークより100rpm近く回転上がったので絞った方が良さそうでした。
 

芦屋 6/30~

 投稿者:山田  投稿日:2018年 7月 8日(日)21時20分52秒
返信・引用
  モーター№25 36% 3節目
電気5.2
ギア18~20

最終的にタイプ10の肩からダイヤまで少しずつ広く
肩よりダイヤが広いバランス、
高さは9で、P30,40は10で絶対空かないくらいで
気持ち強く。無風でMAX6900は見えないくらい
左端のピットでレースチョークかマイナス1
小ペラ使ったけどよくわからなかったのでレースペラで、、
直線は普通くらいでターン周りは少し良かったです。
今回はダイヤ下げて逃がす方がスムーズで良かったです。

台風&大雨で水位上がって看板見えず2日順延からの打ち切り
長かったです、、、、
 

宮島 7/4~7

 投稿者:平田  投稿日:2018年 7月 8日(日)11時18分44秒
返信・引用
  豪雨で常に湿度85%超え&気温高め

この気温&湿度にしては回るなぁという印象。
最初はタイプ10から60~70あたりのケツを少し緩めたような形でMAX6830~6850位で行っていて、試運転は悪くないけど本番の引き波の中で進まない感じ。

試しにタイプ15に叩いたらMAX6880位まで上がって、こっちのほうが出足にスムーズさがあって、ピット離れもいいし、まだマシかなぁと言う感じでした。でも、伸びがイマイチでせっかくスタート行っても1マークまでに追いつかれる感じでした。

ギア20~21
チルト-0.5
電気5.2
走るペラのチョーク=黄色の5番の小ペラのカバー ここの位置で行ってました。

4日開催&とてつもない豪雨で試運転もせず、あまり色々と試すことなく終わってしまいました、すみません・・・
 

平和島 6/26~

 投稿者:裕貴  投稿日:2018年 7月 6日(金)09時24分57秒
返信・引用
  ・エンジン、ボートは2節目&新いりみだれ

30~31℃
50~70%
1005~1015hpa
ずっと追い風4~8m
気象条件ほぼ一定でした。

ペラ最終形ほぼ9番。ベース9番から見て
・P30~40がほんの少し強め、P70が少し弱くてちょっとだけ空く、P50&P60はほぼ9番でギリ紙1すいてるくらい
・タチもほぼ9番だけど、全体的に紙1くらい高くて、ダイヤ側がもう紙1高い
・広さは9番から紙1広いくらい
・ペラ中央のハラが少しだけ出てて、ダイヤ下のゲージとかが真ん中で当たるような感じ
・肩は落ちてない
こんな感じで展示タイム常に上位。大型スクリーンの独自展示タイムも常に赤かオレンジになってました。レース足も良く、波をめちゃくちゃ越える。伸びは上位勢には負けるけど水準以上。完全にモーターが良いパターンです。ペラは少しだけヒロダレにしたり捻り立たせたりしてみましたが、結局最初にもらった形に落ち着きました。
特徴的だったのが、ブレーキの効きが異常に良いこと。旋回で踏み込めるのはもちろん、スタートのアジャストでさえ思った以上にブレーキが効くエンジンでした。ブレーキの良さ同様に、握り返した時の上がりもかなり良かったです。

・MAX6900(追)、6830(向)がベスト
・チルトマイナス
・ギヤ18~22(シム45)
・フロート29㎜
・電気5.0

山田哲さん、荻野さんもペラは似たような形。2人とも自分よりちょっと弱くてちょっと低いような形でした。もうちょっと回転上げようと思って9番以上に捻っていくと初動の向きは良くなるけど、キャビって振り込みそうに、、、9番ベースなら肩捻りすぎないほうが良さげです。回転上げるなら高さ下げるかピッチ抜く感じでした。安定板ついて回転下がったら、少し低くしてピッチ上も少し弱くすればオーケー。それかチルト0へ。
ちなみに節イチ出てた同期の山﨑は自分のペラを広くして下げた感じ。タチはケータペラくらいの高さで、広さは10番と12番の間くらいでした。同じく山﨑は電気は5.4とかにしてました。

手っ取り早くダッシュつけたいなら電気位置5.5とかにすれば新エンジンは伸びるらしく、実際伸びました。けど、自分のエンジンの1番の長所だった初動のブレーキが明らかに無くなり、ターンしにくくなったので自分は電気5.0でいきました。あと電気位置を5.5とかにする時はエンジンがバテやすくなるのにも注意した方が良いと聞きました。

スタートは追い風にしてはいつもの見え方に近かったです。レスキュー桟橋(大)の揚降装置側端っこが自分の真横で13秒起こし。スローはネトロンのBOATの文字が自分の真横で9.1起こしが基準。新ボートで軽いので、スタート思ったよりも早くなるかなと警戒していましたが、そうでも無かったです。風が節間通じて中~強の追い風だったので、スタートは一定していたイメージでした。むしろ追い風にしては結構突っ込むスタートの見え方でした。

調整はレースペラのカバー無しチョーク。調整ペラ3番カバーが同じ位置。レースペラではピットで全然回りません。調整ペラ推奨。ただピットで回らなくても水面出れば意外に回ります。
 

江戸川ルーキー6/16~ 追加若松6/23~

 投稿者:三浦敬太  投稿日:2018年 7月 2日(月)13時26分11秒
返信・引用
  江戸川ルーキー6/16~
エンジン54番 32%
もらった形は12ベースのフチで止まってるような形。
そのままで乗りやすく前検タイムも1番時計で良かったんですがいきなりF。
そのあとは最近の形にしたりしてみたけど多分ダメで、ターンの途中で振り込みがち?
前から薄々感じてはいたけど江戸川だけはこの板っぽいペラは合わないです多分。

若松6/23~
エンジン43番45%
おろしたてはエース候補だったけど途中でペラ変わってから下がり目のエンジンらしく前節の中辻崇人さん(優勝1号艇、4着)もアシはそこまでだったそう。

ペラは10番に近かったと思ったんですが、すぐに前の若松と同じように叩き変えて、バランス取れて結構いいアシになって、
周回展示直線タイムはほぼ1番か2番目。

ニードル調整も前と同じ。

でもF後レースリズム崩れて結果出ませんでした…
 

桐生 6/18~23

 投稿者:平田  投稿日:2018年 6月27日(水)19時30分37秒
返信・引用
  モーター30% 先月来た時から丸一カ月出てないエンジンで、パイプ取れてから誰も乗ってない状態。

ペラは受け取り時、超捻り&垂れ&ピッチ弱。5月の気温でパイプ付いていた時の形だなぁという感じで、一応そのまま前検で乗ったら空回りすぎて全く進まず・・・

とりあえず冬1にしてみてMAX6830位で初日に行ってみたんですけど、ピット離れない&伸びも無い&1マークも2マークもキャビって振り込んで1レースで2個も戒告を取られるという散々な結果で却下。

2日目にタイプ10を試してみたんですけど、10だと重たくて、迷子になりすぎて重いのに片面12にしてmax6780位にしてみたりして全然進まず・・・
結局わけわからな過ぎて両面タイプ15にしてみたら全体的に普通な感じになりました。
先月のパイプ付いている時も15ベースで調整していたので、桐生は今なら15からの微調整でいけるのかな?
タイプ15でMAX6870位。
ギア19~20(去年のモーターのギアで結構軽い)
シャフト高さ53
電気5.0
調整は走るペラのチョーク。1個でも絞ると息つく感じです。

先月来た時は黄色プレートは出てるな~って感じだったんですけど、今節はパイプ取れたせいか大差ない感じでした。

 

宮島GⅡ6/12~ 多摩川6/21~

 投稿者:山田  投稿日:2018年 6月26日(火)09時30分50秒
返信・引用
  宮島
モーター№29 30%

ペラはいろんな形にしましたが足は変わらず、弱くて
周りが上手いので足だけでも良くないと全く戦えなかったです。

優出した次郎さんは最終的にはタイプ15で少し重いけど
グリップは良いと言ってました。
自分はよくわからなかったです。

多摩川
モーター№21 32%伊藤将吉さん使用

もらった時はとんでもない広ダレでどのゲージでも見れないので
あきらめてタイプ10にしてスタート、キチンと叩けるまで時間かかっちゃいました。
最終的にはタイプ10から肩口紙1枚広く、ケツ立ちだけタイプ9まで下げて
ピッチ40から上は全体的に弱くしてMAX6900~6950
調整は28番小ペラカバー=レースチョークの位置

元々良くないモーターで途中でシリンダーセット交換していて
シリンダーは約2年使用していることになるので3日目にリング新品上のトップに入れました。
MAX少し落ちたけど押しが出て足良かったです。
しかし良かったのは2走目までで、その後はMAX上がりだして重スカみたいになっていきました。。

新品リングの使い方の勉強になりました。

まだ黒フライよくわかってなく不調ですが
今のモーターは肩口はやっぱり捻らない方が良くて
高さを出さないと直が来ないときは高さの分
ダイヤだけ巻いて回転上げる感じで調整するのがいい気がします。
もちろん三浦君みたいに全体的に羽を下げても足が来ればいいのだろうし、、



 

戸田 2018.6.15~18

 投稿者:伏島  投稿日:2018年 6月25日(月)10時40分7秒
返信・引用
  モーター31 使い納め
2連32% 前回使用者.吉田隆義さん
ギヤ18~22 電気5.2→5.0変更
調整.自ペラチョーク
回転は6980前後で7000も見えた
ペラ10番ベース
広さ10番でピッチ50から上弱
高さは全体に低い
足は中間くらいだがかかり悪め
下止めてもカタ広げてもイマイチ

ターンの抜けでロスしていて
ダイヤ付近は肩口の強弱と合わせないと
バランス取れなかった

スタート注意
集団2件発生

フライング期間は自分のモノにします。
 

尼崎 2018.5.31~6.5

 投稿者:伏島  投稿日:2018年 6月25日(月)10時30分3秒
返信・引用
  モーター33 前回使用者.千葉さん
ギヤ20 電気5.1
調整自ペラチョークor小ペラ2番カバー
前回使用者コメント
出足型にして良くなった

ペラ10番ベース
カタ広く、上はヒネリ
高さは10番ビタ
出足や伸びは普通
展示タイム悪くないがレース足弱

広さ変えずに全体的に下げ調整で↑
回転は970前後
 

琵琶湖 6/9~14

 投稿者:平田  投稿日:2018年 6月15日(金)20時42分26秒
返信・引用
  新モーター2節目 新ボート

ペラは受け取り時が肩~ダイヤがかなり広くて(見れるゲージが無かった)立ちも10番のゲージで見たらかなり垂れていてピッチ30~70がタイプ10より全体的に少し強い感じだったんですけど、起しは空回る感じなのに走りだしたら直線&ターンで重たく感じて結局
捻り&立ちはタイプ10、30~40とタイプ10より少し止めて50~は10ピッタリでMAX6850位が一番良かったです。
新モーターなので部品交換は新品のみだったので洗浄だけしてアシはあまり変わらず。
シャフト高さ53(最近の新モーターは高めらしいですね)前節村上純さんがシャフトのクリップのシムがガチガチだったのをユルユルにしたそうです。当たりを付けるため?シム緩いな~と思ったんですけど、それを聞いてそのままにしました。
ギア18~19
電気5.0
チルト-0.5(取り付けかなり低めで0で行ってる人も結構いました。)
調整は走るペラのチョークで行ってました。

競ると少し余裕ないかなぁという感じでした。結構うねっていてうねりに引っかかりそうになるし、5.6着も無かったんですけどギリギリ3.4着辺りで粘ってました。

出ている人はタイプ10番位の人が多いような感じでした。
ちなみにシャフトの高さを下げて47~48位にしたらアシ落ちした人が何人かいたので、新モーターのシャフトは高めですけど下げないほうが良さそうです(私は試してないですけど)。

 

江戸川 6/7~

 投稿者:裕貴  投稿日:2018年 6月13日(水)20時30分31秒
返信・引用 編集済
  ・モーター26 34%
・BR 19-22
・電気 5.0
・フロート 29㎜
・チルト0 → 安定板で05
・パイプ無し
・調整 レースペラチョーク=調整ペラ14番カバー
・MAX6750~6800~6850 ※回転気にしすぎない方が良さそうです

モーター26は伸び型のエンジンという事で受け取りました。前々節がGWの塚崎さんが乗っていてめちゃくちゃ伸びていたエンジン、、、けど着は微妙な感じ。前節は118期の岩橋くんで伸びは良かったみたいですが着は微妙、、、。

ペラは12番ベースで見て、広さが12番と3番の間、ピッチも12番と3番の間。ピッチは根っこよりもP60より上が結構強くなっていて、P60から上は冬3くらい強かったと思います。高さはダイヤ側が垂れてケツ側が結構高い形です。
前検重すぎてターンにならず、全く進んでいなかった&それほど伸びる感じもなかったのですぐ12番へ叩き替え。MAX6850くらい。多少は良くなった感じありましたが初日レースは道中キャビで×。波が異常に越えれない感じがあり、電気を見ると5.8。その他外回りは普通。電気5.8→5.5→5.3→5.0と試していきましたが、一番ターン回り良さそうだったのが5.0。それが良かったのか電気5.0に変更した途端に着がとれました。波の中も越えれない感じは良くなってたと思います。
日にちが経ってくると気圧が1015→1010→1000→995(最終日)とだんだん回らなくなってくるにつれて迷走。MAX6750とかになってしまって、ペラを回そうとして①捻る、②垂らす、③抜く どれをやってもしっくり来なく、むしろ一回下げた高さを再び上げた時に回転が上がったりしました。逆に広げたり、ピッチ入れたりすると重重になるし、高さ出しすぎるとターンの抜けが悪い印象、、、。ずーっとペラ調整してましたが、最終的にバランスが良いなと思ったのは12番ベースで、肩&横ちょい広、高さ全体的にちょい低、P30&40は12番紙1弱、P50より上はちょい弱、という形でした。MAXは6800いかない時もありましたが、最終的には回転よりも体感を重視しました。アシは普通くらいで、乗りやすさがありました。乗りやすかったこともあり、後半結構思い切りいってたのですが、思い切りが良い反面レバー操作の意識が薄くなり最終日転覆してしまいました。乗りやすくなった上でさらにレバーへの意識も怠らなければ、後半もう少し上位着とれていたと思います。

調整はレースペラチョーク=調整ペラ14番カバーの位置。気候変動がかなりあったのに、調整位置は1回も変わりませんでした。ちなみに桑原さん情報ですが、①干潮時の調整、②すぐ後ろに柱があるピットでの調整 はズレが生じてしまうらしいので避けた方が良いとの事でした。桑原さんは9番カバー1コ絞りでいってたようです。

スタートに関しては、スタート展示でいきなりスタ練に比べて届かなくなるパターンが何回かありました。その後本番は普通の感じに戻るときがほとんどなので、本番はあまり早起こししない方が良さそうでした。旋回は基本的に握りすぎに注意で、外マイでも波の中でも常にトルクをかけ続けるイメージで回った方が結果的に速い旋回になっていたと思います。後、やはり波があるからかスラストピースの減りが早いです(笑)

回転に関してですが、自分同様先輩方も全然回転が出なくて苦労していたみたいです。
桑原さんは捻ってもダメ、垂らしてもダメ、ピッチはある程度残したいでペラ調整に苦労されてました。若林将さんはピッチほぼ12番、広さを冬3番くらいまで広げ、高さは12番くらい。結局最後まで体感は重重でレバー操作で何とかしていたとの事でした。深水さんは広さ冬3、高さは冬3より高く、ピッチは冬3よりも結構強かったみたいです。根っこは上に比べて弱い形で行ってたとおっしゃってましたが、おそらく一番回らない形。最後回転計の回転はもう無視していたらしく、MAX6700見えてなかったと言っていました。ただ、深水さんの伸びは節一くらいあったと思います。初優勝した宮之原は自分とペラの系統が結構似てました。ピッチはほぼ12番、上を少し強め。広さは12番と冬3の間。高さはダイヤ側のタチを効かせた形。ダイヤは12番よりも高く、ダイヤのゲージも少し担ぐ。真横ゲージ(上)で見るとダイヤ側でかつぐ感じでした。

宮之原の優勝でとても良い刺激になりました!次は優勝乗れるように頑張ります!
 

津ルーキー6/3~

 投稿者:三浦敬太  投稿日:2018年 6月10日(日)17時08分34秒
返信・引用
  エンジン36番 34%
もらった形は10番ちょいゆるちょい捻りで回りすぎスカってる印象。

とりあえずいつもの敬太ペラに叩き変えて、それでもスカってるように感じ、高さは変えずに根っこから受けを止めて体感もアシも◎
回転は
小回りからMAX6910~20
ターンマークから6950
ダッシュから7000手前
くらい。

低勝率機&エース級2~3機シリーズでしたがエース級の次くらい出てたと思います。

電気が4.7になっていて、5.1も試したけどよく分からず、間とって4.9。まあどこでも良いアシでした(笑)

調整は木のナナメのピットで
本番ペラカバー-3
12or15番小ペラカバー

準優は追い風で全速インモンキー流れちゃいました。レバー操作楽しようとしたらダメですね…
 

大村 5/28

 投稿者:山田  投稿日:2018年 6月 6日(水)09時36分30秒
返信・引用
  モーター№11 31%
ギア20
電気5.2
油面29㎜
もらった時はタイプ10の肩捻り、少し下げでMAX6850でいいとこなし
でも、休み明けでよくわからないのと体動かないので
2日目あたりまで迷走しましたが、結局広げて下げて
タイプ8のハラだしP30、40がタイプ9くらいでMAX6900くらい
ギアつめて肩捻って立たせたりした時が最悪でした。
最終的には数字なりには良い足になったと思います。

昨日、小屋で敬太ペラ確認しましたがほぼ同じような感じでした。
黒フライになってから一番体感は良かったかも。。

優出した牧さんはかなり出てたんですけどタイプ12をピッチ全体的に少し弱めて
MAX6820位と言ってました。出口の押しと向きがすごくて
かなり良さそうでした。エンジンかもしれないけど止めて正解の人多かったです。
 

戸田 5/22

 投稿者:裕貴  投稿日:2018年 6月 6日(水)09時16分23秒
返信・引用
  ・BR 17-19
・電気 5.2
・フロート 29㎜
・チルトマイナス
・パイプ無し
・調整 レースペラチョーク=調整3番カバー
・MAX6950

受け取り時はタイプAまではいかないくらいの結構な立ち捻り。伸びる感じはあって乗れなくはなさそうでしたが、乗りづらくてターンが出来ない感じだったので、立ちを下げて&広げて行きました。結局最終的には10番ベースのピッチ全体的にちょい緩、タチは(ケツ側、真ん中、ダイヤ側全て)10番を先端で少しだけつまませるような感じになりました。P30~50はケツ側がちょい空き、P60が紙1、P70が10番くらいのイメージです。真横の上側のゲージは10番、ダイヤも少し先端側でつまんでいる見え方でした。異常に出ていた4号機を除けば、展示タイムも出ていてアシは上位に食い込んでいたと思います。タチをつまませた方が直線のピッチングの感じも良く、ターンにも影響が無かったのでその感じでいきました。

↑の感じでMAX6950がベストな感じでした。7000までいってしまうと回りすぎている感じだし、6900だともう少し欲しい感じです。回転調整は基本的にケツを入れたり泣いたりでOK。調整はレースペラチョーク=調整ペラ3番カバーの位置。以前冬にレースペラチョーク5コ絞り調整があったので、試しに3コ絞りで試運転してみると、1周目はパワーがある感じですが2周目からもうダメ。夏場は流石に絞れないみたいです。

同じ節で居た蜷川さんは自分より少し腹から立たせて捻ってちょい強い感じ。中野さんはほぼ10番、紙1強い&紙1立ってて&紙1広いような感じでした。

あとこの節ウワサで聞いたのですが、最近調子が良い丹下将さんの捻りダレのペラがスゴく出るらしいです。形とかは全くわかりませんでしたがウワサまで、、、(笑)
 

浜名湖 5/31~6/5

 投稿者:平田  投稿日:2018年 6月 6日(水)08時37分43秒
返信・引用
  モーター53%(7節目)久々にエース機引きました。
前節からパイプが取れていて、記者さん情報によると3節前の菊地さんから→土屋君→貞兼さんとノーハンマー。
タイプ10を肩~ダイヤは少し捻って、立ちは10より少し立っている感じ。ピッチ30と50~70はほぼタイプ10で40だけ先ではなくてカップの手前1㎝位の所だけ少し出してあって、先はすく感じ。
前検から伸びが抜群で、ターン回りが少し乗りづらかったんですけどとりあえず初日&二日目はノーハンマー。
三日目に掛かりが悪いのをどうにかしたくて、さすがに少し叩きました。
立ちをほぼタイプ10位(少~し立ってる位)に下げて、掛かりが良くなりました。多少伸びは落ちたんですけどまだ他と比べたら伸びは抜群。
四日目にギアが22~23と広めだったんですけど、18~19位にしてみたらターン回りのトルク感が出たんですけど少し伸びは落ちました。でも、超伸び型→全体的にバランスが良くてすべてのアシに余裕がある感じになりました。

シャフト高さ53(今回のモーターは高めらしいです)
チルト-0.5
電気5.0
調整は走るペラのチョーク=23の小ペラのカバーが同じ位置で、そこから1個絞りが良かったです。
MAX6920位。ピットで3750位。

とりあえず今回はモーターが良かったです。ボートも良かったし。
けっこうエンジン差がひどくて、地元の長嶋万記さんはテクでカバーしてたんですけどめちゃめちゃ出てなかったです。
 

江戸川 5/25

 投稿者:芦澤  投稿日:2018年 6月 3日(日)07時57分1秒
返信・引用 編集済
  3月24度のパイプ付きより、今回の26度のパイプなしの方が回らなかった。
気圧とか湿度の関係なのかもしれないけど、回る日が1日もなかった。
全員、そう言ってたから間違いない。
ペラも弱く、10番で重いからチルト+05、とか広い系の人は13番とか8番。
俺10できつく、冬1(木村でいえば13くらい)にして、さらに春1にして、さすがに回し過ぎたって感じ。
MAX6900ぴったりが良かった、6950いっちゃうとマーク漏らしがち。6800じゃターンにならず。江戸川じゃないみたいだった、不思議。
調整は 14番4800のカバー(チョーク+3)=レースチョーク かな。
どんな潮でも14番ならきれいに安定してくるから、おすすめ。

2日目に1周1Mでもらい事故受けて、ボートにがっつり穴が空いて、半身浴みたいな形のまま走ったんだけど、ゴール手前50Mくらいで力付きて沈没。
俺はその時3着航走中だったんだけど、俺の沈没を見て4着が遠慮しちゃって完全にスローダウンしてレースをやめてしまって、時間外で切られた。この事案は、そうとうもめたんだけど、ギリ内規違反ですんだけど、みんなも気をつけて。(そいつがゴールしなかったせいで舟券が成立しなくなったから返還になって、お客もパニックでww)

事故艇がでても、前がおかしかったら、ちゃんと抜くこと!
 

最近のペラ

 投稿者:三浦敬太  投稿日:2018年 6月 2日(土)08時40分42秒
返信・引用
  5/31、12月宮島黒フライのペラを叩き変えました。
前の形より、もっと全体のフチをとって分厚いところの腹を出して板っぽくなっています。

MAXは6950くらい。スカるかスカらないギリギリまで回転上げて基本ロー・セカンド重視で、うまく調整できると伸びまでのつながりが良くなります。

この状態で根っこを止めるとターンのグリップがくるけど、思いと出口からの立ち上がりが多少犠牲になるかもしれません。

回るレース場の方がスカりやすく、Rつけれると思います。

ここ最近はこんな形でだいたい良い仕上がりになります。
合う合わないあると思いますが、よかったら参考にしてみてください。
 

若松ルーキー5/21~

 投稿者:三浦敬太  投稿日:2018年 5月30日(水)00時14分57秒
返信・引用
  エンジン4番29% 3節前パイプ外し

ペラは13番を捻ったような形。
地元フレッシュルーキーの中田達也情報で、黒フライになってからは捻り立ちはダメとのこと。

すぐにいつもの広だれ(8番のハラ出し広げだれ)叩き変え、序盤は水面荒れてた状態でなかなか良かったのですが、
3日目から風が止み回らなくなる条件で根っこを9番くらいまで抜くと体感スカってるのにターン中おつりをもらう謎の現象が…

水入れすぎかと思い広さを肩から12ぴったりくらいまで戻して、根っこも10番くらいまで入れるとターン中のスカり、おつり現象はなくなりました。(高さはそのまま、ハラで担いで8番より低い)

最近ずっと同じくらいの広さのペラだったのですが久々に中盤乗りづらかったです。またハラ出しすぎるのも段々ときつくなってきているような気がします。(変にスカっちゃうような)

調整は8番の小ペラのカバー=レースペラカバー2こ絞り。絞りすぎると怪しかったです。

優勝した岡村さんは上のピッチ強い以外は一緒。
友吾は最初深ハラで苦戦してて、自分と同じようなペラにしたら鬼直線タイムになってました。
 

桐生 5/17~23

 投稿者:平田  投稿日:2018年 5月25日(金)22時40分3秒
返信・引用
  今節までパイプ付いてました。桐生らしく気圧が990位で全然回らず・・・

受け取った時がタイプ10位で、桐生はいつも叩くとおかしくなるのでとりあえずそのまま行ってみたんですけど、重たすぎて論外でした。10のピッチではこの気温&気圧ではキツ過ぎました。
結局タイプ15に合わせてから真横~ダイヤを少し広げてMAX6930位。
ギアがもらった時は22~23だったのを18~19に詰めて、何故か詰めたほうが回転が上がって、空回るような感じも無くなりました。

ピットでMAX3550~3600位しか回らなくてピット離れがかなり怪しかったんですけど、無理やり回そうとして捻ったりピッチ緩めたりすると、ターンで空回ってしまうので、ターン回り重視で行きました。

受け取り時よりはマシになったんですけど黄色プレートは全般的に桁違いの出具合で何してもかなわないな~って感じでした。

調整は走るペラのチョーク。絞ると進まない感じで、同じような意見多数。
電気5.1
チルト-0.5
シャフト高さ49

5カ月位使って28%のモーターで新モーターから誰も割ってなかったのでとりあえず洗浄したら、少し上りが良くなりました。
男の人ってペラを一生懸命やってるイメージなんですけどあんまり整備はしない感じなんですかね?
ペラのほうが正解が出やすいとか?

ちなみに女子は誰かが整備して良くなったって聞いたら、同じ整備をする人がけっこういます(笑)
ペラもそうですけど。出てる人と同じ形に叩くみたいな・・・(笑)
 

多摩川 5/16

 投稿者:芦澤  投稿日:2018年 5月24日(木)09時27分40秒
返信・引用
  25~28℃のパイプという悪条件にしてはまだ他のレース場より回る感じ。俺は弱めで、それでも10か、春1。6900は欲しいって感じ。チャッテ系7000で出てる人もチラホラ。強めの人は12とか、冬1とか。6700ちょいとか言ってた。みんなバラバラ(^^;)
さすがに気圧が1000切ると、9ちょい止めが流行ったけど。
調整は、装着場側ピットで、2番カバー1つ絞り。レースチョークだと2つ絞り。俺はそこしかなかった。何回も調整開けて、ペラ止めるのを試したけど、良い足にならなかった。
エンジン終わりかけなのに、パイプ外れたら強力回りそうな感じはある。
 

住之江ルーキー5/12~

 投稿者:三浦敬太  投稿日:2018年 5月20日(日)12時53分39秒
返信・引用
  エンジン63番 40%  今節からパイプなし
使って2ヶ月くらい、中々出ているらしいエンジン。

ペラはちゃってのフチとって少し根っこ止めたくらいでもらい、MAX7040でもスカってはいないような体感。
マシンが良いからあまり叩かれてない?
でも迷った末、最近のたれ広に大叩き。

淡水で多摩川同様、板にしすぎるとスカる感覚だったので腹だしはほどほどに、大村の少しハラ下げで他はほぼ一緒。
(=タイプ8のハラ出しで広い&低い)

MAX6930くらい。スローもダッシュも変わらずこれくらい。最終日は湿気モヤがすごくて更に高さだけ下げて6970に。

調整は本番の並びで
Eの小ペラのチョーク+2
=カバービン
=本番ペラカバー-2

これより絞ると起こしがついてこなかったです。

最近は回ってるときは肩から広げ、回らないときは垂らして行くともう大体こういう形になり、アシも上位になることが多いです。
淡水の方が海水に比べて少しRつけてトルクを出すような感じで基本はほぼ一緒です。

若松終わったらペラ叩いてみようと思います。人によって合う合わないあると思いますが…
 

浜名湖 5/5

 投稿者:芦澤  投稿日:2018年 5月14日(月)19時41分49秒
返信・引用
  もらった時は9番の強さで、ちょいひねり、ちょい立ちみたいな感じ。
前検、1日目だけ、すごく回る条件で、広げたり、止めたりしたい感じだったので春1番にして悪くない感じ。回りも、春1とか10番とかって話。
2日目から、やっぱり浜名湖!って感じ。とんでもなく回らない。
絶対的にひねりが必要で、元の9番のちょいひねり、ちょい立ちにしたけど、もっとAくらいひねるのが正解だったかも。
後半2日間は、回さなきゃ話にならないって感じ。
みんな、9番からの調整って感じだった。
23番(4800)人気がある白ペラで、カバービン。仁さんも、そこって言ってたから大丈夫だと思う。
レースチョークだと2つしぼりあたりかな。

広いペラが合いそうなところ(パワーあったり、淡水?)は、春1⇒冬1って感じで
ひねった方が良さそうなら 9高⇒10⇒A?? とかになるのかな?
最近、よく聞く話だと。。。


頸椎ヘルニアがひどくて、F休みに手術か考えてるぐらいだから、1M、全速ターンの初動が踏ん張れなくて成績やばいんだけど(TT)
三浦兄弟の多摩川情報で、頑張ってくる!!
 
 

多摩川 5/9~

 投稿者:裕貴  投稿日:2018年 5月13日(日)19時06分52秒
返信・引用 編集済
  ・M58 33%
・ギヤ17~20
・フロート29mm
・電気5.2
・調整 装着場側にてレースチョーク1コ絞り=調整ペラ23番カバー
・MAX6900
・チルトマイナス
・温水パイプ付き

前節はお盆で宮之原が乗っていたエンジンで、ペラはかなりの捻り立ち。タイプAまではいかないくらいだと思いますが、伸び型っぽい感じで、レース行ってみて全く乗れず。ピットアウトも全然出れなくて遅れる様子。かなり形を叩き替えて10番チックしていった方が全然乗り味もピットアウトも良かったです。1、2日目と最高気温16℃くらいでかなり寒く、3日目から24℃とかで暑くなり、回らなくなってきたので9番へ。9番から色々アレンジして試運転してみましたが、良さそうだったのは回し系で、最終的には9番ちょい低、ちょい緩、肩~真横をほんの少し捻る形。自分の乗った感じではタチを10番以上にしてしまうと乗れなくなる感じがしました。
他の先輩の感じを聞いていると、冬1では回転足りていなくて、春1では回りすぎ、という感じ。13番でちょうど良いと言う先輩もいました。
調整は装着場側でレースペラチョーク1コ絞り=調整ペラ23番カバーの位置。調整ペラ2番だとカバーから3つ開き。調整ペラ2番カバーの位置まで絞ると、自分のエンジンは絞り過ぎな感じになりました。あと、兄が言っていたように装着場側では開き気味、本番ピット側では絞り気味になる気がします。自分の場合はレースペラチョークが装着場側で+13、本番側で+11となる事が多く、間の+12でいってました。
モーター58は去年の8月から(9ヶ月)エンジンを分解していなかったらしく、弁当箱を洗浄すると今までに見たことないくらいのカーボンが取れました。ピストンにもべっとりだったので多少とってやって、分解洗浄した後の方が少し回転上がってきてくれました。あまりにも分解されていないエンジンを引いたときは洗浄してやった方がいいかもしれません。
ちなみに、今季多摩川の温水パイプが外れるのは5月28日からのあっせんからです。
 

平和島 5/4~9

 投稿者:平田  投稿日:2018年 5月11日(金)13時23分54秒
返信・引用
  まだ温水パイプ付いてました。

前節(戸塚君)が出てなさ過ぎて三ツ割りをしていたんですけど、それが良かったらしく、中堅はありました(でも、上には上がいる感じ)。
ペラは10番の肩~真横少し捻り、50~70を少し緩める感じで立ちは少しだけ10よりも立っている感じ、ダイヤは10ピッタリ。
毎日風が5~7メートル位吹いていたんですけど追い風でMAX6900ちょいは出てほしいなと言う感じ。
MAX6900位だとターンでスムーズな感じはあるんですけど、掛かりが浅い感じ。
肩を10番より少し開いてMAX6850位にすると、すごく掛かるけどターンが重たすぎてペアボート状態でした。
肩を開いた状態でチルト0も試してみたんですけど、0だと掛かりも無いし空回ってるしで、全然ダメでした。
調整は走るペラのチョーク-1=5番の小ペラのチョーク
もう1個絞っても乗り心地は変わらなくて、逆に1個空けてみたら何故か急に重たくなって、開けるは無いなと思いました。

電気5.3
ギア19~20
チルト-0.5(取り付けはかなり低め。でも、0は良くなかった)

ペラ10番って言う人もいたし9番と言う人もいたし、優出した落合さんは片面10、片面15のチンバと言っていました。
私は9も15も空回っているような感じでちょっと違うかな~と言う感じだったんですけど・・・

女子の中では私の知る限りではまだ春1とかは聞いた事が無いです。
こっそり使っている人がいるかもしれないですけど。
 

蒲郡ルーキー4/20~ GW多摩川4/29~

 投稿者:三浦敬太  投稿日:2018年 5月 7日(月)17時09分44秒
返信・引用
  蒲郡
エンジン68番32%
久々に白フライ(今節で終わり、まだあったんだ)
宮島や大村みたいにハラ出して広だれにして、MAX6900以上出すと出足はいいけど伸び止まる感覚。
大村の形からピッチを全体にとめてMAX6860~70くらいで伸びも良くなり上位のアシ。
調整は本番の並びのピットで9番の小ペラ2~3個あけ。

多摩川
エンジン54番48%
数字は多摩川で一番なんですが乗り手がかなり良くてここ最近は良いコメントなく、更に2節前にペラ壊れて前節の水摩さんはかなり良くなかったみたいです。

ペラはとりあえず最近の動いている広だれっぽくしたのですがレース足が悪すぎて、リングやキャブ交換など整備したのですが、4日目にマフラーを交換(カーボン洗い落としたやつ、キャリボデはそのまま)して一気に良くなりました。

そこから回転も日に日に良くなり、最終日は12番+αの広さで13番の受け くらいでいきましたがまだ止めれたような気がしました。

調整はやっぱり200の看板の方が本番側より2こくらいあく感じで、自分は本番側で2番の小ペラカバー1つ空き(看板側カバー-1)くらいでいきました。
 

津 4/12~  江戸川 4/27~

 投稿者:裕貴  投稿日:2018年 5月 7日(月)16時46分49秒
返信・引用
 
・M61 48%(黒フライ半年以上使用)
・ギヤ17~18
・フロート29mm
・電気5.0
・調整 レースチョーク=レースカバー2コ絞り
・MAX6850
・チルトマイナス
受け取り時は12番と冬3の間で、冬3寄りの形。少し回らないような感じがしたので12番寄りに回していき、MAX6850程度が乗り味が良い感じでした。安定板がつく日が多く、気象的にも回らなくなってきたので、冬1チックにして回してあげた方が良さそうでした。ただ良いエンジンだったのですが、体感とレースの感じがうまくかみ合っていませんでした。
山田哲也さんも冬1を使っていて、妨害で商店除外になってしまっていましたが、冬1は使えると言っていました。4月頭で三国で優勝したときも冬1だったらしいです。山田さんの見解では、冬1は回らない時に捻るといい所が無くなるらしく、症状に合わせてケツ側を抜くと言っていました。


江戸川
・M20 0%(2節目)
・ギヤ20~24
・フロート29mm
・電気5.0
・調整 レースチョーク=レースカバー=14番カバー-2
・MAX6850
・通常チルト0、安定板チルト05
受け取り時は少し特殊な形をしていて、ベースを冬3とすると、冬3以上の根っこ&P30&P40入り、P50より上は冬3くらい、P60くらいの横のラインがかなり腹出しで、高さは冬3より低く、特にダイヤ側がかなり垂れている。広さはダイヤ下から冬3より広く、真横から肩にかけては冬3より捻り。肩がかなり劇的に落ちている。そのままでも乗れないことはなかったのですが、肩が落ちすぎてロスしている感じがあったので、肩の落ちを少し戻してその分根っこも抜いて、後半安定板がついてきて回らなくなってきたので冬3ベースから12番ベースにするようなイメージで回していきました。最終的には肩から真横が12番、腹出しやダイヤはいじらないでピッチは全体的に12より強くらい。肩は戻りきらずちょい落としくらい。アシ的には中堅程度あったと思います。
成績はダメでしたが、江戸川初スロー無事終われて良かったです。。。
 

三国 4/20~25

 投稿者:平田  投稿日:2018年 4月26日(木)11時48分28秒
返信・引用
  新ボート&モーター2節目

ペラはタイプ10の60~70がちょっときつい感じで、立ちも10より少し立っている感じでもらったんですけど、前の節より気温が高いと言う事でそのままだと重たくて、とりあえずタイプ10ピッタリにして、重たさはなくなりました。
ギアが前節測った数値が17~20って書いてあったので初日はそのまま行ったんですけど、二日目にあけてみたら20~24位になっていて、とりあえず詰めて18~19位にしたら重たくはならずに少しトルク感が出て良くなりました。
試しにペラを冬1の形にもしてみたんですけど、伸び止まってダメで、結局タイプ10ピッタリよりも、タイプ15を肩だけタイプ10位捻るような形が一番バランスが取れていて良かったです。
(めちゃエンジン出てた沙樹ちゃんも同じような形でした。出すぎてF2してたけど・・・)
多摩川に引き続き時計だけ見るとかなり突っ込まないとスタートが届かなくて(しかも本番だけ。特訓&展示は届く。)80メートル位で決めて行かないと届かない感じでした。
同じような意見の人多数。しかもモーターカバー無いのに・・・何故??

MAX6920~6950位
チルト-0.5
調整は走るペラのチョーク=JかKの小ペラのチョーク+2
電気5.1

11月にフライングをして今期は本当長かったですけど、無事?F1で終わる事ができました。
おそらくA級ボーダーに0.1~0.2位足らなそうなので、来期はB級になってしまいますが、事故せずまた1から出直したいと思います!
 

/8