teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 日程表

 投稿者:赤羽春紀  投稿日:2017年11月16日(木)12時14分48秒
  > No.97[元記事へ]

王子、お疲れ。
主宰日誌見たぞ。
凄まじい日程表だな。
無理するなよ。
 
 

Re: 日程表

 投稿者:嵐山ヒカル  投稿日:2017年11月16日(木)08時08分0秒
  > No.96[元記事へ]

春紀大兄
おはよう。

> 本当に大丈夫か?

 正直云って、かなりハードスケジュールだよ。毎年、10月から翌年02月まで多忙なんだよね。だけど、幸い、冬の号発送の準備も始めているし、増刊号は雛形が完成しているし、年末のお仕事も始めているから、大丈夫だよ。

 ただ、12月中旬からは対応するのも難しくなる。平成三十年春の号のゲラ刷画像をメール送附が遅れたりするかもしれない。春の号の対応は翌年01月09日になるかもしれないよ。投稿予約受附、投稿受附は12月01日で問題はないけどね。
 

Re: 日程表

 投稿者:赤羽春紀  投稿日:2017年11月15日(水)17時53分39秒
  > No.95[元記事へ]

>  以下は、詩誌『純靑』平成二十九年冬の号から、平成三十年春の号発行までの日程表です。

お疲れ、王子。
王子のスケジュール凄まじいな。
これ以外にも原稿書いてるんだろ。
デザイナーの仕事もあるだろ。
本当に大丈夫か?
身体壊さないか?
 

日程表

 投稿者:嵐山ヒカル  投稿日:2017年11月15日(水)10時30分0秒
編集済
   以下は、詩誌『純靑』平成二十九年冬の号から、平成三十年春の号発行までの日程表です。

凡例
□:同人のみなさまに行っていただくこと。
■:編集主幹が行うこと。
△:業者さんが行うこと。


平成29年度
□11月23日(木)
 賀詞広告最終締切日(平成29年度中に投稿採用され、当日までに喪中が確定された方だけ、ご連絡ください)。

■11月24日(金)
 詩誌『純靑』平成二十九年冬の号を印刷所に入稿。

△11月25日(土)
 詩誌『純靑』平成二十九年冬の号が印刷される。

■11月27日(月)
 詩誌『純靑』平成二十九年冬の号の送附状等を作成。

■11月28日(火)
 国立国会図書館への要望書(書誌データ誤記の指摘)を作成。

■11月29日(水)
 詩誌『純靑』増刊『青い鳥』第壹輯の編集開始。

■12月01日(金)
 詩誌『純靑』平成二十九年冬の号を発行、発送。

□12月01日(金)
 詩誌『純靑』平成三十年春の号の投稿予約・投稿受附開始。

■12月04日(月)
 詩誌『純靑』増刊『青い鳥』第壹輯を校了。

■12月05日(火)
 詩誌『純靑』増刊『青い鳥』第壹輯を印刷所に入稿。

△12月07日(木)
 詩誌『純靑』増刊『青い鳥』第壹輯が印刷される。

■12月13日(水)
 詩誌『純靑』増刊『青い鳥』第壹輯を発行、発送。

■12月22日(金)~平成30年01月09日(火)
 冬季休暇中のため、メールなどの返信業務が遅れることがあります(休暇中でもなるべく返信するよう、努めます)。

平成30年度
□02月28日(水)
 詩誌『純靑』平成三十年春の号の最終締切日

□ゲラ刷着信日より7日以内
 最終の校正返信は03月08日(木)まで。

△03月26日(月)
 詩誌『純靑』平成三十年春の号が印刷される。

■04月01日(日)
 詩誌『純靑』平成三十年春の号の発行。

■04月02日(月)
 詩誌『純靑』平成三十年春の号の発送。

                以上。
 

Re: 30年春号

 投稿者:嵐山ヒカル  投稿日:2017年11月12日(日)06時39分55秒
  > No.93[元記事へ]

春紀大兄
おはよう。

> 30年春号の原稿送っても大丈夫か?

 気持は分かるけれど、近々アナウンスするから、もうちょっとて待っててね。平成二十九年冬の号が早く校了しちゃったもんだから、ボクの早く平成三十年春の号の編集取り掛かりたいんだけどね。

 それと、平成三十年春の号の「純青画廊」だけれど、どなたか出品してくださいませんか?

 二十九年冬の号はボクが2枚出品しましたが、三十年春の号以降は「五線譜の栞」コーナーが復活するので1枚のみとなります。
 

30年春号

 投稿者:赤羽春紀  投稿日:2017年11月11日(土)07時31分59秒
  王子、お早う。
30年春号の原稿送っても大丈夫か?
 

無理するな

 投稿者:赤羽春紀  投稿日:2017年10月20日(金)17時57分50秒
  王子、お疲れ。
届いたぞ。
忙しそうだな。
無理するなよ。
身体壊すぞ!
 

Re: 平成二十九年冬の号の頁割附表

 投稿者:赤羽春紀  投稿日:2017年 9月21日(木)17時13分17秒
  > No.90[元記事へ]

王子、お疲れ!
ページ倍増だな。
それにしても仕事早いな!
 

平成二十九年冬の号の頁割附表

 投稿者:嵐山ヒカル  投稿日:2017年 9月19日(火)18時31分13秒
   詩誌『純靑』平成二十九年冬の号の頁割附表を作りました。これにて、変更は不可能となります。

 尚、自己紹介文の訂正等、ございましたら、今月中お知らせください。以上、業務告知です。
 

Re: Q&A

 投稿者:嵐山ヒカル  投稿日:2017年 9月19日(火)10時15分33秒
  > No.88[元記事へ]

春紀大兄
おはよう。

> Q&A作ったんだな。
> 分かり易くていいぞ。

 うん、作っちゃったよ。その方が早いしね。

> 見易いしな。
> ありがとな!

 De rien♪

 それと、最終的には、「同人交流」と「同人伝言板」は一つメニューにしていね。
 

Q&A

 投稿者:赤羽春紀  投稿日:2017年 9月14日(木)03時21分0秒
  王子、お疲れ。
Q&A作ったんだな。
分かり易くていいぞ。
見易いしな。
ありがとな!
 

Re: 増刊号

 投稿者:嵐山ヒカル  投稿日:2017年 9月 8日(金)10時15分30秒
  > No.85[元記事へ]

かほり嬢
こんにちは。

> わたしも王子さまの題字は大好き!!

 そういう方、ファンの方には多いですね。何か、書いてほしい、って言われることが、結構ありますよ。

> 「純青」も王子さまの字ですね。

 もち、ボクの文字ですよ。

> 味わい深くて和みますよ。

 メルシー♪

> 増刊号の題字も楽しみですね!

 請う、御期待。
 

Re: 増刊号

 投稿者:嵐山ヒカル  投稿日:2017年 9月 8日(金)10時15分20秒
  > No.84[元記事へ]

春紀大兄
こんにちは。

> 題字また手書きしたのか。

 うん、書いちゃったよ。これからずっと、発行し続けるなら、既成のフォントを使うより、手書きの方がイイでしょう。

> 王子の手書き味わいがあって楽しみだ。

 今回、自分でも会心の作だよ♪
 

Re: 増刊号

 投稿者:花園かほり  投稿日:2017年 9月 8日(金)08時33分33秒
  > No.84[元記事へ]

わたしも王子さまの題字は大好き!!
「純青」も王子さまの字ですね。
味わい深くて和みますよ。
増刊号の題字も楽しみですね!
 

Re: 増刊号

 投稿者:赤羽春紀  投稿日:2017年 9月 7日(木)15時18分15秒
  > No.83[元記事へ]

王子、お疲れ様。
題字また手書きしたのか。
王子の手書き味わいがあって楽しみだ。
 

Re: 増刊号

 投稿者:嵐山ヒカル  投稿日:2017年 9月 7日(木)10時29分29秒
  > No.82[元記事へ]

春紀大兄
おはよう。

> 増刊号のデザイン間に合う?

 題字のスキャニング、デザイン、ページの雛形作成は終わっているよ。
 

増刊号

 投稿者:赤羽春紀  投稿日:2017年 9月 7日(木)03時00分0秒
  王子、お疲れ。
増刊号のデザイン間に合う?
 

Re: 増刊号『青い鳥』について

 投稿者:嵐山ヒカル  投稿日:2017年 9月 6日(水)07時50分0秒
  > No.80[元記事へ]

春紀大兄
おはよう。

> 増刊号計画通り出すことにしたのか。

 なるべく、計画通りに動かないとね。じゃないと、読者の皆さまが混乱しちゃうからね。

> 俺もいくらか資金出そうか?

 お心遣い、メルシー♪

 ですか、寄附金、会費、参加費は一切徴収しない方針なので、いいですよ。
 

Re: 増刊号『青い鳥』について

 投稿者:赤羽春紀  投稿日:2017年 9月 5日(火)19時46分46秒
  > No.79[元記事へ]

> 増刊号『青い鳥』について
>
>  詩誌『純靑』平成29年冬の号(第01巻第04号通巻第04号)と併行して、詩誌『純靑』増刊号『青い鳥(L'oiseau bleu)』第一輯(第01巻第05号通巻第05号)の編集もしていきたいと思っています。小説の執筆もあるので、ハードな挑戦になりますが、ガンバってみます。
>
>  増刊号『青い鳥(L'oiseau bleu)』については、投稿は募集いたしません。嵐山光が撰者となって、掲載作品を選び、解説・感想を添えて発行いたします。但し、第一輯に関しては、赤羽春紀大兄に解説・感想をお寄せいただく手筈となっております。

増刊号計画通り出すことにしたのか。
俺もいくらか資金出そうか?
通常号も王子の負担になってるだろ。
 

増刊号『青い鳥』について

 投稿者:嵐山ヒカル  投稿日:2017年 9月 5日(火)08時08分19秒
  増刊号『青い鳥』について

 詩誌『純靑』平成29年冬の号(第01巻第04号通巻第04号)と併行して、詩誌『純靑』増刊号『青い鳥(L'oiseau bleu)』第一輯(第01巻第05号通巻第05号)の編集もしていきたいと思っています。小説の執筆もあるので、ハードな挑戦になりますが、ガンバってみます。

 増刊号『青い鳥(L'oiseau bleu)』については、投稿は募集いたしません。嵐山光が撰者となって、掲載作品を選び、解説・感想を添えて発行いたします。但し、第一輯に関しては、赤羽春紀大兄に解説・感想をお寄せいただく手筈となっております。
 

レンタル掲示板
/5