遺誌 独立歩兵第13聯隊の戦史の掲示板



カテゴリ:[ 暮らし/生活/ペット ]


13件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[13] 寺本様

投稿者: 重松正一 投稿日:2017年 5月18日(木)10時23分54秒 zaq7718c746.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

曙光会(比島戦線 遺族戦友の会)京都大会に出席していました。米軍が3地区に分かれて19・10・20に上陸
上陸地正面の パロ地区で守備していた 垣兵団歩兵第33聯隊(三重県の郷土部隊)は殆ど初戦の迎激戦で
将兵は玉砕しています。鈴木聯隊長も 此の戦いで戦死、パロ川を挟んでの死闘は語り継がれています
戦後 第16師団戦没者慰霊祭(京都)にも長年出席しましたので 多くの関係者を存じていましたが今は皆さん死去され 大変寂しい思いをしています
お一人お一人のご英霊の戦史は今となっては不明ですが 戦史を語る 戦記書籍は 冊毎に 本HPに記述してあります(レイテ文庫)参照。差支えなければ 私のメールに直接 連絡ください 住所明示頂ければ
関係書籍送付も可能です。メール名は最初のページに明示




[12] 兄の戦歴を知りたいです

投稿者: 寺本正男 投稿日:2017年 5月16日(火)20時45分21秒 pdf870e24.aicint01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

重松様 私の兄は三重の津より比島に渡り(垣隊所属)で馬の蹄鉄の作業をしていた事まではわかりますが
その他ことはわかりません。終戦経た1年後にレイテ島パロにて昭和19年10月23日戦死と公報が届きました。
比島上陸後の戦歴等教えていただければ幸いです。



[11] カンギポット BukaBuka hill

投稿者: Hirose 投稿日:2017年 4月 8日(土)17時34分58秒 KD119106055011.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

重松様

2015年秋ごろにセブ島に行く際に、カンギポットで戦死した大叔父鍵和田のことで問い合わせさせていただいたHIROSEです。遺骨として石ころが届いただけだという大叔父に少しでも近づきたいと思っていましたが、今年11月にまたセブ島に行きますが、2日間だけレイテ島パロンポンの知人を訪問することにして、パロンポンから叔父たちの眠っているカンギポット方面を眺めて、偲びたいと思っています。(パロンポンからカンギポットまでの交通手段を確保するのも難しいようですね。いつの日かカンギポットまで行けることを願っていますが・・・)



[10] (無題)

投稿者: トトト 投稿日:2017年 3月 8日(水)21時26分4秒 softbank060112172082.bbtec.net  通報   返信・引用

重松様

度々ヒントを頂きありがとうございます。
あらためて、戦争時はいろいろな方々と共に、こんなにたくさんの船、〇〇丸も犠牲になったのだなと思いました。そして、当時の記録をPC上に残して下さり、誰もが自由に調べられるなんて!心より感謝いたします。

伯父の除籍時の戸籍は横浜市中区になっています。略歴は、最期の戦死の文1行だけです。初めは歩兵隊だったのか、東海地方に寄ったのか等は書かれていません。

以前書きました、「中部芳?128部隊」という字が読みにくいのは、もしかすると中部第128部隊なのかもしれません。
(「第七航空通信聯隊」という聯隊名は「秘匿」とされており。通常は部隊名(通称号)で「中部第128部隊」と称していた。略 128部隊と呼ばれており、航空通信将兵を養成することを主とする教育部隊であった。略 第七航空通信聯隊内の主要部署 二代聯隊長 平山彌市 中佐 33 )と書かれている方ページがありました。重松様のおっしゃる通り、平山さんは代行で戦死の交附をされたのかもしれません。

またお教え頂いた野辺常介少佐は、
「第3航空軍直轄 第9航空通信連隊 野辺常介少佐(44期)」とあり、
第3航空軍の符号は司、11057で繋がりました。有難うございます。

隆西丸のことが出ているHPの中に「樫通信隊」という言葉があり、これがまだわかりません。

長文、お許しくださいませ。
よろしくお願いいたします。



[9] (無題)

投稿者: 重松正一 投稿日:2017年 3月 8日(水)14時34分31秒 zaq7718c746.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

続き
③平山弥市中佐は第18航空通信聯隊の聯隊長です 第9聯隊長も同じように戦死され戦死の公報を代行
されたものと理解します なお通信隊は昭和18年 通信聯隊に格上げ組織変更されています
隆西丸について (戦時船舶史から)
4805総トン 中村汽船 昭和19年2月24日 1522スラバヤ発アンポンに向けて航行中 25日2130頃
暗雲低迷 風浪高く小雨視界不良の状況下 同航船が被雷 同時に本船も雷撃されたが回避
しかし2225頃S07・55-E115・15(バリ島シンガラジャ北方20キロ付近)において右舷一・二番鎗、
機関室に計3弾を被雷、船体が右舷に傾斜、次いで二番鎗付近より切断し激浪の中に沈没した
当時4個隊の派遣人員は1244名、印度兵2865名、苦力2559名が乗船中で 内4968名 船員31名戦死
輸送船史上では 此の隆西丸の海没が 最大の悲劇で 継いで 2番目が玉津丸の海没です
(玉津丸には父と同じ第26師団 2,000名を含む4,860名が戦死)私の輸送船史の語り部の活動としての
契機となりました





[8] (無題)

投稿者: 重松正一 投稿日:2017年 3月 8日(水)13時56分38秒 zaq7718c746.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

お質ねの件
?中部芳?128部隊とありますが 戦死なされた ご英霊は 東海地区の(名古屋近郷)ご出身ではありませんか中部という文字から召集され 先ず中部○○部隊に入隊し そのあと当時は特定の部隊に配属されていました
②マランとは 隆西丸(神戸市にあります船員資料館 作成のブログ)の海没までの 航路地図がありますが
具体的には分かりませんが 部隊が駐屯していた地名です
③平山弥



[7] 隆西丸

投稿者: トトト 投稿日:2017年 3月 7日(火)15時51分3秒 softbank060112172082.bbtec.net  通報   返信・引用

こんにちは。
軍歴簿や戸籍謄本にある死亡場所や時間から、おそらく伯父は、隆西丸という船に乗っていて、
米潜水艦ラッシャーに撃たれたのではないかと思います。

第9航空通信隊(第7でなく?)?、樫通信隊?の詳細が知りたいです。
皆様に何かお知恵をお貸りいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。



[6] 有難うございます。

投稿者: トトト 投稿日:2017年 3月 6日(月)21時44分41秒 softbank060112172082.bbtec.net  通報   返信・引用

すごい!こんな本があるのですね。
当方、第9航空通信隊は検索しても何もわかりませんでした。

伯父の戸籍謄本に、
「昭和19年2月25日午后10時50分 東経115度南緯約7度(バリー島北方海上)に於て戦死。
中部芳?128部隊長 平山弥市報告。同年9月18日交附」

と書かれていました。平山弥一氏はありましたが、「中部芳?128部隊」というのが分りません。

また、③マラン というのは何でしょうか。



[5] 第9航空通信隊について

投稿者: 重松 投稿日:2017年 3月 5日(日)03時38分16秒 zaq7718c746.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

私 蔵書の陸軍航空の鎮魂 総集編から 第9航空通信聯隊は 以下の記録があります
?司第11057 ②18・8・31 ③マラン ④第25航空通信隊の復帰人員を基幹として編成
本部・有線2中隊・無線3中隊・材料廠からなる  18・12月下旬主力アンポン地区
チモール島各地区に展開 19・7月主力マカッサルに移駐  部隊長 野辺常介少佐



[4] 有難うございました

投稿者: トトト 投稿日:2017年 3月 2日(木)21時02分8秒 softbank060112172082.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.2[元記事へ]

「レイテ島歩兵隊で戦死したという父の伯父」を探していた者です。
おかげさまで、無事に軍歴簿を取寄せることが出来ました。有難うございました。

ちなみに、伯父は第九航空通信隊に所属で南支那海域で昭和19年2月25日に戦死。
命日が近かったから天国からのメッセージだったのかしら。

お陰様でたどり着けました。どうもありがとうございました。


レンタル掲示板
13件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.